ドリカム

コンチネンタルです。オチのある話が出来ないと(自分の中で)有名なので、つらつらと「夢」に関することを書いていこうかなと思います。

夢…うーん、夢..まず思いつくのは浅い睡眠の時に見るやつですね。
最近は見てないですね。中学の時に読んだ評論文だか論説文だかに、『自分の周りの環境や人間関係が大きく変化し、悩み事や将来への不安があって精神的に不安定だとよく夢を見る』みたいなことが書いてあった気がします。引越しとか転校とか入学とかが例にあげられてましたが、ストレスがかかったりして精神的に不安定なら、環境の変化とかじゃなくても夢を見るんじゃないかな、と個人的には思います。ソースはありません。
まぁそもそも夢ってのはレム睡眠という浅い眠りの時に見るものですからね。夢を見てるってだけでちゃんと眠れてない証拠ですね。皆さんちゃんと深く眠りましょうね。睡眠は最大の休息ですよ。これもソースはありません。

それから、将来に関してのやつも、夢、ですね。今のところ将来の夢ってのはあやふやですね。昔は声優になりたいとか研究者になりたいとかありましたけどね。なんだそれ、漠然としすぎだろうと最近は思うようになりましたね。なんせ、そのための努力を一切してないんですからね。

ただ、最近はありがたいことにしろちゃん以外の座組に関わらせていただく機会があって、そこでプロの音響や照明や舞台制作の方々の姿を見せてもらい、こういう道もあるのかぁなんて思ったりもしました。あとはその座組が社会人の方ばかりで、仕事の合間に役者やら制作やらやっていて、こうやって演劇続けられたら楽しいだろうなぁとも。
好きなことを仕事にできたら最高かもしれませんが、なかなかそれは難しい…でも仕事の合間に趣味として続けられたらそれで充分かもなぁと感じましたね。

全然楽しくない話ばかりですね。そろそろやめます。ちなみに「夢」って画数が多くてギュッとしてるので割とうまく書けるんですよね。あと、形も割とかっこいい。だから、好きです。

1年目・制作担当 コンチネンタル

——————————

劇団しろちゃん2020年冬公演
『夢十一夜』

私が百年を捧げようと思った人なんだよ。

「もう死にます」と言う。
到底死にそうには見えないのだけれど、
「もう死にます」と言うのだ。
さらに続けて
「また逢いに来ますから」と言う。
私が目を向けた時、そうして彼女は・・・。
これは二人の別れと再会のお話?
-現実のやるせなさか昨日までの幸せか。
私に語り始めたのです。

夏目漱石の夢十夜。これは、あったかもしれない第十一夜

◆日時
2020年2月
21日(金) 14:00・19:00
22日(土)☆14:00・19:00
23日(日) 12:00・16:00
(開場は開演の30分前)

◇料金
前売り1000円
当日 1200円
☆2月22日14時の回はゾロ目割で200円引き!

◆場所
演劇専用小劇場BLOCH
札幌市中央区北3条東5丁目5岩佐ビル1F

◇脚本演出
林 蒼真

◆出演
出村和己
麻生真由
西園寺美和
谷内夏輝
今藤夕希
スバル
山田有季乃

◇各種SNS
Twitter:@shiro_hokudai
Instagram:@shiro_hokudai
HP: http://gekidanshirochan.com

◆お問い合わせ
電話 :09043017408 (制作)
メール:shiro_chan95@hotmail.com

◇ご予約
https://ticket.corich.jp/apply/104908/

☆早期予約特典
1月28日までにご予約いただいた方には
『劇団しろちゃん公式トートバッグ』をプレゼント!
#しろゆめ

後援:札幌市・札幌市教育委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。